サッカー ピンク ユニフォーム


リーグ戦の最終成績は23勝9分10敗の勝点78で2位だった。 リーグ戦の最終成績は10勝9分15敗の勝点39で15位だった。 また、強化育成部アドバイザーの平野勝哉も1月末をもって退任した。 シーズン終了後、樋口が契約満了で監督を退任。 また、北京五輪日本代表に選ばれた豊田陽平や、加入後にストライカーとして才能を開花させた長谷川を中心とした若手選手の活躍により、仙台とのみちのくダービーでは9年振りに勝ち越すなど、シーズン中盤からはJ1自動昇格圏内の2位をキープし、11月30日第44節の愛媛戦(右図)で勝利を収めて2位が確定。 また、千葉から戦力外通告を受けてトライアウトに参加していた下村東美を、城南一和から元U-23韓国代表ハン・同年11月17日に木村孝洋監督は引責辞任し、年末の全日本女子サッカー選手権大会は、DF大部由美が選手兼任の形で監督に就いた。

ユニフォームは白いシャツとソックス、黒いパンツをホーム用に用い、現在の国旗(プロイセン王国の国旗が白と黒である)の色をチームカラーとしない(他にイタリア、オランダ、日本などがある)珍しい仕様である。第38回全国地域サッカーリーグ決勝大会の出場権を獲得したが、1次ラウンドで敗退となった。 2回戦以降の抽選ではシード分けはされず、同国同士・ リーグ戦については、開幕戦で磐田と対戦。天皇杯は4回戦でG大阪と対戦したが、PK戦で敗れた。天皇杯は4回戦で川崎Fに敗れた。 しかし、第31節鹿島戦(スコア0-2)では、Jリーグ史上初となるシュート数0本を記録するなど、終盤に近づくにつれ精彩を欠いていった。 チーム記録となる6得点を奪いJ1初勝利を収めた(スコア6-2)。当くじの当選対象は、勝敗ではなく、指定されたサッカー12試合の各試合90分間での試合結果(合計得点)が一致すれば当選となる。 にて引き分けた為、残り1試合で勝ち点差が4となり、順位が降格圏まで下がる可能性が無くなったことから、J1残留が確定した。 その後は、怪我人が続出するなど戦力が維持出来なくなり、第16節終了時点でJ2降格圏内の16位まで順位を下げた。

リーグ戦については、第14節終了時は7位だったが、次第に組織的な守備をベースとした戦術が浸透し、少ない得点で勝ち切る試合が増えていった。翌12月1日のJリーグ臨時理事会でJ1昇格が承認された。 タウンに売却された。ローリーの売却はファンの不安を煽り、1958年11月、監督のデビッド・ シーズン途中には、千葉から馬場憂太をレンタル移籍で獲得した。 シーズン途中には、浦和から赤星貴文を、広島から西河翔吾を、ブラジル1部のアトレチコ・補強面では、柏から長谷川悠を、C大阪から宮本卓也を、FC東京からリチェーリをレンタル移籍で、福岡から宮崎光平、内藤友康を完全移籍で獲得。

2トップの一角としてJ1昇格に貢献した豊田陽平が京都に、本橋卓巳が栃木SCに、高橋駿太が関東1部の日立栃木UVAに、内藤友康が東北1部の福島ユナイテッドFCに、昨シーズンまで甲府にレンタル移籍していた桜井繁が仙台に完全移籍し、リチェーリ、馬場憂太が退団した。 チームの看板選手として活躍した佐々木勇人がG大阪に、臼井幸平が湘南に、前田和也が関東1部の日立栃木UVAに、鷲田雅一がJFLの栃木SCに、鈴木亮平が北信越1部の松本山雅に、横山拓也が愛媛に完全移籍し、グスタヴォ、須田興輔が退団した。新人では、明治大から石井秀典、市立船橋高から山田拓巳、柏レイソルU-18から太田徹郎、前橋育英高から廣瀬智靖が加入した。 この間は自身のミスとともに、DF陣の綻びが目立った。 クラブの経営力向上に尽力した理事長の海保宣生が健康上の理由により3月末をもって退任。

サッカー ユニフォーム レプリカ詳細については、当社のウェブサイトをご覧ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です